2010年5月2日日曜日

小林幹直さんの話

私の友人、小林幹直の失恋日記です
こんばんわ。今日は週末ですね。今日は何しよう・・・・。
もう少しで仕事が終わり、そのまま帰宅。寂しいですね。失恋の傷を癒しますか。

でも次の恋をしないと。片思いとかでも全然毎日を頑張れると思うんですが。なにせ、友人も結婚しますので出会いの場がないというのが現状ですね。
こうなったら、既婚者でも(笑)人の幸せにまで入り込む自信はないです・・・・。

職場でも全く男の臭いところなので、女性の存在なんておばちゃんくらいなんて失礼ですね。
そう簡単に気持ちの切り替える事はできないですけど、でも自分なりに幸せと思う事を考えてみたいと思います。
たまには一人、酒を飲んで考えるのもいい事なのかもしれないですね!

2010年4月22日木曜日

十河良寿の天気の話

またまた今日も寒くなりましたね。
明日も寒いようですがほんと勘弁して下さい。
昨日はエアコンの電池を抜いたとこなんですが。
まあいくら寒くなったといっても暖房を付けることはないと思いますが。

昨日は農家の収入の話をしましたが今日も続きを。

農業は規模にもよりますが基本的に一人では無理な作業です。
家族総出や規模が大きくなるほど他に雇わなくてはなりません。
また投資する設備も増えて元手もかかるようになります。
規模が大きくなったからといって簡単には収入が増えるわけではないようです。
しかし人数が多ければ交代で休みを取ることも可能になるので
労働条件の改善はできそうですね。
人数を増やした分の収入が確実に増えればの話ですが。

どうやら規模に関わらず厳しいのは変わらないようです。
海外の農家は日本よりも価格保証も環境保全に関する保証政策も
進んでいるようで多少はましなんでしょう。
日本でも同じようにしないと農業を辞める方がどんどん増えていくでしょうね。

2010年4月21日水曜日

十河良寿の農家の収入

今日は暖かいですね。
というか暑いですね。
これだけ気温の変化が激しければ野菜もおかしくなりますって。
しかし天気がいいのは気持ちいいですね。
外で作業をしていても気持ちいいです。
しかしせっかくの良い天気も今日だけのようで明日は雨だとか。
また寒くなるのかな。

そんな天気に左右されてしまう農家の収入について少し調べてみました。
一番のポイントは専業農家だとどうなのかということです。

簡単に言うと農業だけではサラリーマンよりも厳しいということですね。
道楽という意見もあるぐらいですので
単純に考えて年収100~200万ぐらいということでしょうか。
もちろん労働とのバランスがあってるかどうかはわかりませんが
ブラック企業が多い日本では労働としては変わらないのかもしれませんね。

しかもこれは設備などがすでにある状態(親が農家だとか)での話ですので
新たに始める場合は設備投資などが必要になるのでさらに厳しくなるようです。

農業が簡単とは思っていませんでしたが予想以上に厳しく
まさか道楽という意見がでるほどとは思っていませんでした。

これでは農家の方が減っていくの仕方ないですね。

2010年4月20日火曜日

十河良寿の春は遠いなぁ

今日は雨が降ったこともありやや寒いです。
相変わらず世間では野菜のニュースが続いています。
形の悪い野菜でも売りに出されてるようですね。
元々形が悪いというだけで売られていなかったので
味は同じですからね。
これを機に形が悪い野菜が安めで市場に出るようになれば
うれしいことですよね。

しかし、5月頃になると普通に収穫出来るようになり逆に
野菜が余る可能性もあるとか。

農家の方が気の毒で仕方ありません。
もっと安定が欲しいと思います。

流通の所で何とか出来ないんですかね?

2010年4月19日月曜日

十河良寿の春、になればいいなぁ

今日は暖かくなりました。
ようやく春という感じ、かなぁ。
また寒くなると言われてるので油断は出来ません。

最近「野菜ソムリエ」という言葉を聞くことがあります。
聞くことはありますが内容は知りません。
ですので今日は野菜ソムリエの紹介です。

2001年10月に生まれたベジタブル&フルーツマイスター。
ベジタブル&フルーツマイスターの養成・認定機関である
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会では、
この資格を「野菜や果物の美味しさや楽しさを理解し
伝えることが出来るスペシャリスト」と定義しています。
日本に古くからあるもののほかに新しい品種が外国から入ってきたり
また国内でも盛んな品種改良が行われ、野菜や果物は日々増えていくばかり。
しかしながら、情報はまだまだ少ないのが現状です。
生産者と生活者との間に立ち、これらの魅力を学び、
自ら楽しみ、さらには身の回りの人々に伝えていくことが、
野菜ソムリエには求められています。
もともとは、食にかかわる業界向けの資格だったのが、
私のように一般の、特に主婦層に人気が高まり普及しているようです。
また、正式名称が2010年4月1日より、「野菜ソムリエ」となりました。

野菜ソムリエは、取得者を2007年1月に10,000人突破した人気の資格です。
受講者も続々増えており、特別な資格ではなく、
よりよい日常の暮らしのための、スタンダードな資格になりつつあります。
有名人の中にも有資格者が増えています。
長谷川理恵さん、王理恵さん、西村知美さん、
最近ではお笑い芸人のロンドンブーツ1号2号の敦さんなどなど。

しかし実際にはこの資格を取るとどうなの?
といった感じですね。
世間ではまだその程度の認識しかありませんよね。

2010年4月18日日曜日

十河良寿の日曜

昨日は2時頃に寝たのですが
2度寝を繰り返してるといつの間にか夕方でした。
疲れていたのか、気温の変化がさりげなく
体調にダメージを与えていたのか予想以上に寝てました。
今日は暖かくこれからまた寒くなるとは思えませんね。

昨日はキャベツの話をしましたが
気温の変化で野菜の収穫量が変わるのは知ってますが
まさかここまでひどくなるとは思いませんでした。

将来はまさに漫画のように地下室を作ったり完全ドーム型とか
そこで農業を行うということにならない農家の方は安心出来ないでしょうね。

天候に左右されてしまうと抵抗のしようがないですね・・・

2010年4月17日土曜日

十河良寿の冬

いや、もう春のはずなんですが気分は冬です。
寒いですね。
今日は少しましですが5月に向けても寒くなるみたいですね。
これはつらい。

いろいろつらいですが野菜がえらいことになってますね。
昨日は野菜が高いということしか知りませんでしたが
キャベツが500円とか。
500円って普通に定食頼めるんですが・・・
まあ当然というかなんというか500円では売れないので
300円で売って赤字とか。
いくらなんでも高すぎですよね。
農家の方は赤字にならない値段で卸してるんでしょうけど
八百屋が売れないのでいらないということになればどうなるんでしょう。
買い手もなくなったりするんでしょうか。
それとも農家の方がすでに赤字で卸してこの値段なんでしょうか。

こんなときはとんかつ店に行きたいです。
とんかつ店のキャベツおかわりし放題がどうなっているのか見てみたいです。

性格悪いですか?